国産風車を設置して経済効果を高めよう

近年風力発電の需要が高まっています。 環境への関心が高くなっている現在、風力発電は増加の一途をたどっています。 しかし建設される風車は海外から輸入されるものが多く、デンマークなどのメーカーから輸入している状況です。 日本は低気圧や台風の通り道にあたり、日によって風向や風速が頻繁に変わるので、風力発電には過酷な気候とのこと、ヨー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インホイールモーター技術は電気自動車の主流になるのか?  

インホイールモーターとは、電気自動車などで駆動力を産み出す電気モーターがタイヤのホイールの中のハブ内にあるモーターのことです。 駆動力がホイールへほとんど直接伝達されるために、従来型のギヤや駆動軸などによるエネルギー損失がなく、それらが省かれることで重量、容積、費用、故障、保守などの点で有利となります。 モーターが車輪と直結し…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

超伝導電気自動車?

住友電気工業株式会社がやってくれました、超伝導の電気自動車です。 4リットルの液体窒素タンクを搭載し、同社が発売しているビスマス系線材を使用した固定子を冷却、2時間ほど超伝導状態を維持できる。パワーソースは鉛蓄電池。ベースはトヨタ「コンフォート」。「超伝導によって大電流による大きなトルクを得ることができ(試作車では変速機を5速に固…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

誰が電気自動車を殺したか 観ました

面白いですね、ドキュメンタリーってレンタル屋さんで借りないんだけどこれはつい借りちゃいました。 内容はアメリカの有名自動車メーカーGMが、10年ぐらい前にリース販売していた「EV-1]という電気自動車についてのいきさつです。 ユーザーにメルギブソンとかがいてインタビューに応じてくれていてすげーなーとかおもっちゃいました。 内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5分の充電で800km走行、高性能キャパシタ搭載EV

電気自動車の欠点である長い充電時間と短い走行距離を見事に解決する技術の登場です。 米IBM社の元社員らが率いる米EEStor社(テキサス州)は、新型のキャパシタを開発し、電気自動車の走行距離を、5分間の充電で約800キロメートルが可能になるよう飛躍的に増加させることができるそうです。 キャパシタは電気エネルギーを電荷とし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最高時速400km 出力800馬力のモンスターマシン エリーカ

すごいですね・・・  最強の電気自動車エリーカの登場です。 慶応義塾大で開発されたこのEVは、最高出力800馬力(psですかね?)最高速度400km/hのおそらく世界最強の電気自動車です。 インホイールモーターの8輪駆動でリチウムイオン電池搭載のピュアEVです。 重量も2400kgとかなり重いですが、高速走行時にはむしろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気自動車に乗りたい EV POWER

「テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)」です。 米国テスラモーター社が開発したリチウムイオン電池使用の正真正銘ピュアEVです。 テスラモータース社 http://www.teslamotors.com/  ・最大出力      :248馬力-185kW  ・最大回転数     :1万3000rpm …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more